ひまじんの写真館

近郊の身近な野鳥や花を撮ってアップして行きます。

写真を撮りに川口市グリーンセンターへババチャリで45分は乗りました。9時開園時には「鳥撮りカメラマン」・「親子連れ」が開園を待ってます。カメラマンは池のカワセミを親子連れはプールにと・・・池の周りではカワセミが枝に止まったり、飛び回ったりしてます。みなさんのレンズは400mmや500mmです。悲しいかな我がレンズは300mmです。カワセミを狙ってみたが小さすぎて旨く撮れない、残念です。早々に退散して花の写真を撮りに向かう~~~

  ▼ はじめてのカワセミを撮ってみたが、旨く撮れない~~~
イメージ 1

  ▼ ペチニアの花壇に「1株の赤いサルビア」を狙ってバックをぼかした。
イメージ 2

  ▼ ブルーサルビアを狙ってぼかしを・・・
イメージ 3

  ▼ ブルーサルビアの花の匂いに誘われて蜂さん達が飛び回ってる・・・
イメージ 4イメージ 5
          撮影月日  平成21年7月30日
          撮影場所  川口市グリーンセンター
          撮影機材  Canon EOS kiss Digital X

キツネノカミソリ(狐の剃刀)【ヒガンバナ科】

名前の由来は葉の形を剃刀にたとえたことによります。葉は早春に育ち、夏になると枯れます。ヒガンバナより一ヶ月ほど早く咲き、花茎がのびて黄赤色の花を3から5個つけます。また、鱗茎に毒があり、食べられません。同じ仲間の植物として、夏水仙・彼岸花・白花彼岸花・支那彼岸花があります。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

9月のはじめには、この同じ場所に真っ赤なシベの長い『彼岸花』が一面に咲き出して真っ赤になります。 ▼

イメージ 5イメージ 6
          撮影月日  平成21年8月1日
          撮影場所  川口市「 興禅院 」の裏山
          撮影機材  Canon EOS kiss Digital X

ナツズイセン(夏水仙)【ヒガンバナ科】

真夏の花で梅雨が明け、暑さ真っ盛りの中でも咲き、葉っぱが無い花です。地面から太い茎がニョキっと出て、その先に数個の大輪の花を咲かせます。淡いピンク色の花は、美しいと思うが、葉っぱのない植物は、やはりどこか違和感を感じます。この『葉が無いのに花が咲く』というのは、ヒガンバナ属の特徴です。ヒガンバナやキツネノカミソリもそうです。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

          撮影月日  平成21年7月23日
          撮影場所  川口市花と緑の振興センター
          撮影機材  Canon EOS kiss Digital X

ハイビスカス【アオイ科】

花が大きく、派手な色の多いハワイアン系と、中輪で丈夫な在来種があります。ハワイアン系と在来種では現在は花が大きく派手なハワイアン系の方に人気があり、より多く出回っています。ハイビスカスの花は一日花で咲いたその日にしぼんでしまいます。そこから「常に新しい美」という花言葉があるようです。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

       撮影月日  平成21年7月23日
       撮影場所  川口市 花と緑の振興センター
       撮影機材  Canon EOS kiss Digital X

アメリカリョウブ:ピンクスパイヤー(リョウブ科)

リョウブは山野に自生する落葉性の低木で、ピンクスパイヤーは優しいピンクの花色です。蜜でコンパクトな樹冠となり、花が穂状に集まってたくさん咲き、ガーデニング花木として人気です。花付がきわめてよく香りもあり秋には紅葉します。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

       撮影月日  平成21年7月23日
       撮影場所  埼玉県川口市花と緑の振興センター
       撮影機材  Canon EOS kiss Digital X

ハナゼキショウ(花石菖)【ユリ科】別名 岩石菖

日本特産種で、関東地方以西の本州および九州の山地の岩上にはえるようです。  山野草愛好家に好まれ、30センチほどの花茎に5ミリほどの小さく白い花をつけます。 この花は我が家に来て10年ほどになりますが、毎年綺麗な小さく白い花を咲かせてくれます。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


       撮影月日  平成21年7月20日
       撮影場所  自宅の鉢植え
       撮影機材  Canon EOS kiss Digital X

ご訪問有難うございます。

イメージ 1



※ デジカメ散歩で道端の小さい花や花木類の花等を撮って、ほぼ毎日アップを

    予定してますので、宜しければご覧下さい。

ヤマユリ(山百合)【ユリ科】

夏の暑い日に、野山のあちこちで真っ白な花を咲かせるヤマユリは、人の背丈を越える高さで、花も大きく、また香りも強い日本特産のユリだそうです。

  ▼ この画像をクリックすると拡大表示されます。
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

オニユリ(鬼百合)【ユリ科】

オニユリとコオニユリを見分けるのは難しいのですが、葉の付け根にムカゴが付くのがオニユリ、つかないのがコオニユリだということだそうです。(昨年見たときはムカゴが付いていました)

イメージ 5

   
イメージ 6


   撮影月日  平成21年7月11日(山百合)・12日(鬼百合)
   撮影場所  花と緑の振興センター(山百合)・自宅付近(鬼百合)
   撮影機材  Canon EOS kiss Digital X

ポーチュラカ【スベリヒユ科】 別名 ハナスベリヒユ

ポーチュラカは夏の炎天下の中でも元気に花を咲かせる草花です。花は2~3㎝で白、赤、黄色、オレンジなどの花色があり複数色を混ぜて植えるとカラフルでにぎやかな花壇になり綺麗です。

  ◎ お休みしていたブログを本日より再開しましたので宜しくお願いいたします。

 ▼ この画像はクリックすると拡大表示されます。
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5イメージ 6

   撮影月日  平成21年7月7日
   撮影場所  自宅の花を
   撮影機材  Canon EOS kiss Digital X

ギボウシ(擬宝珠)【ユリ科】

初夏から秋にかけ白、薄紫などの花を咲かせますが、花の寿命は短く1日でしぼんでしまうために「デイリリー」という英名があるようです。花だけでなく葉にもきれいな白や黄色の斑が入り観賞価値が高いのも魅力のようです。

 ▼ この画像はクリックすると拡大表示されます。
イメージ 1


イメージ 2イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


   撮影月日  平成21年6月24日
   撮影場所  自宅の園芸
   撮影機材  Canon EOS kiss Digital X

このページのトップヘ