ひまじんの写真館

近郊の身近な野鳥や花を撮ってアップして行きます。

ア リ ス イ  (蟻吸) 【キツツキ科】

アリスイ(蟻吸)はその名の通り蟻を好んで食べる野鳥です。
好物の蟻を捕える時は、古木や地面の巣に細長い舌を差し入れ、
蟻をからめとるようにします。
大きさは17cmほどの小型の野鳥です。
アリスイの体が周りの枯葉や古木と保護色になっているので
見難いため、№8の鮮明な画像はヤフーから借りました。

№1  最初は地面で蟻を探していましたが、暫くすると木に登り始めました。
イメージ 1

№2     古木の枝の間で蟻の巣を見付けたようです・・・
イメージ 2

№3     蟻が食べられたのか?正面を向いている所を狙いました。
イメージ 3

№4       地面に居たが古木に登り始めたところです。
イメージ 4

№5       こちらは地面で蟻の巣を探している所です。
イメージ 5

№6   地面に嘴を突っ込み蟻の巣から蟻を食べているのでしょうか?
イメージ 6

№7     蟻が食べられてのでしょうか首を上げました。
イメージ 7

№8 参 考
        アリスイの体は枯葉や古木と保護色になっているため
        見難いので鮮明な画像をヤフーから借りました。
イメージ 8

№9          公園入口の風景画像です。
イメージ 9

№10       公園に行く途中で撮影した画像です。
イメージ 10

いつも訪問有難うございます

モ ズ (百舌鳥) 【モズ科】

モズは11、12月頃は飛来して来て高鳴きをしていることが多いですが
この時期になると居場所も決まり餌探しをしています。
№1 
イメージ 1

№2 
イメージ 2

№3 
イメージ 3

№4 
イメージ 4

№5 
イメージ 5

№6 
イメージ 6

№7       №7・8・9はお尻を向けて失礼します。
イメージ 7

№8 
イメージ 8

№9 
イメージ 9

いつも訪問有難うございます

ア オ ジ (青鵐) 【ホオジロ科】

アオジは夏の暑い時季には高原等で観られますが
秋冬は積雪のない低地のやぶに移動して来るので公園等で
出遭うことが多いですね。
№1 
イメージ 1

№2 
イメージ 2

№3 
イメージ 3

№4 
イメージ 4

№5 
イメージ 5

№6 
イメージ 6

№7 
イメージ 7

№8 
イメージ 8

№9 
イメージ 9

№10
イメージ 10

いつも訪問有難うございます


ウ  メ (梅) 【バラ科】

紅白の梅の花が咲き始めましたが紅花は満開状態で
白い花は咲き初めの状態でした。
梅の花芽はモモと異なり、一節につき1個となるため、
モモに比べ、 開花時の華やかな印象は薄いです。
№1 
イメージ 1

№2 
イメージ 2

№3 
イメージ 3

№4 
イメージ 4

№5 
イメージ 5

№6 
イメージ 6

№7 
イメージ 7

№8 
イメージ 8

№9 
イメージ 9

№10
イメージ 10

№10
イメージ 11

いつも訪問有難うございます

ソシンロウバイ  (素心蝋梅) 【ロウバイ科】

ロウバイにも種類があるようで、今回アップしたのはソシンロウバイだと思います。
半透明でにぶいツヤのある花びらがまるで細工のようで見事です。
甘いよい香りのする花としても人気ですね。
№1 
イメージ 1

№2 
イメージ 2

№3 
イメージ 3

ミツマタ  (三叉) 【ジンチョウゲ科】

ミツマタの花は赤い花と黄色い花が咲きますが
未だつぼみ状態なのでどちらが咲くのか判りません・・・
№4 
イメージ 4

№5 
イメージ 5

№6 
イメージ 6

№7        ソシンロウバイ             ミツマタ 
イメージ 7

№8          ソシンロウバイ             ミツマタ 
イメージ 8

№9            公園内の風景です。
イメージ 9

№10              公園内の風景です。
イメージ 10

いつも訪問有難うございます

昨年の6月以来で半年振りの投稿となりました。
後期高齢者となり毎日の生活も出掛けるのが億劫となり
半年と言う期間が過ぎてしまいました。
これからは少しずつ出掛けるようにして投稿をして行きたいと思います。

ガビチョウ (画眉鳥) 【チメドリ科】

美しい姿や鳴き声を楽しむため、江戸時代頃からペットとして輸入され、
飼育されていた鳥が籠から抜け出し生息して
関東近辺で観られるようになり集団で飛び廻って居ました。
№1 
イメージ 1

№2 
イメージ 2

№3
イメージ 3

№4
イメージ 4

№5 
イメージ 5

№6 
イメージ 6

№7 
イメージ 7

№8 
イメージ 8

№9 
イメージ 9

№10    以降3枚の画像は昨年我が家の裏庭で撮影しました。
イメージ 10

№11
イメージ 11

№12
イメージ 12

いつも訪問有難うございます

シトシトと小雨が降り続いた梅雨空でしたが
今日は久し振りに朝から快晴で暑くなりそうですが清々しい朝です。

アオスジアゲハ  (青条揚羽) 【アゲハチョウ科】

アオスジアゲハが水が流れる濡れた土の上で水分補給をしていた。
最初は1羽でしたが暫くすると2羽、3羽と寄ってきた。
№1 
イメージ 1

№2 
イメージ 2

№3 
イメージ 3

№4 
イメージ 4

№5       シオカラトンボ (塩辛蜻蛉) 【トンボ科】
湿地帯などに生息する中型のトンボである(♂)
イメージ 5


№6 
イメージ 6

№7    コシアキトンボ  (腰空蜻蛉)  【トンボ科】
全身は黒色で、腹部の白い部分が空いているように見えるために名づけられた。
イメージ 7

スズメ  (雀) 【スズメ科】
大切な羽毛が汚れたり、羽毛に寄生虫がついたりしないように、
水浴びをして、時々手入れをしている。
№8 
イメージ 8

№9 
イメージ 9

№10
イメージ 10

いつも訪問有難うございます

長々と神代植物公園の花々をアップして来ましたが
今回で最後となります、観て頂き有難うございました。

アメリカデイゴ  (亜米利加梯梧) 【マメ科】

夏らしい真っ赤な花で暖かい地方に植えられている植物ですが
公園等では時々咲いている所を観かけられますね。
№1 
イメージ 1

№2 
イメージ 2

№3 
イメージ 3

№4 
イメージ 4

 スモークツリー 【ウルシ科】

煙に例えてこの名になりましたが、
煙というより綿菓子のようにも観えますね
№5
イメージ 9

№6
イメージ 10

№7
イメージ 11

 ガウラ 【アカバナ科】
羽を広げたような美しい姿の花で
花色は白が一般的ですが紅色もあります。
№8
イメージ 5

№9 
イメージ 6

№10
イメージ 7

№11         芝生の広場のパンパスグラス
イメージ 8

いつも訪問有難うございます


神代植物公園の温室が新しくなってから初めて行きました。
最初の画像がその温室ですが、昨日の熱帯スイレンや温室特有の花々

そして球根ベゴニアが綺麗に咲いていました。


温室の花々

№1          いろいろの花々が咲いている温室
イメージ 1

№2    キュウコンベゴニア  (球根ベゴニア)  【シュウカイドウ科】 
イメージ 2

№3 
イメージ 3

№4 
イメージ 4

№5       シクンシ  (使君子)  【シクンシ科】
         温室でよく見掛ける花で熱帯の植物です。
イメージ 5

№6 
イメージ 6

№7        ヒスイカズラ  (翡翠葛)  【マメ科】
  こちらも温室でよく観かけますが、№8の網にぶら下がっているのは実です。
イメージ 7

№8 ヒスイカズラの実です 
イメージ 8

№9       ウツボカズラ  (靫葛)  【ウツボカズラ科】
イメージ 9

№10           カカオ  【アオイ科】
            カカオの実が沢山生っていました。
イメージ 10

№11
イメージ 11

いつも訪問有難うございます

神代植物公園の温室には、温室特有の花々や熱帯睡蓮
そして木立ベゴニア等が咲いていました。

スイレン  (睡蓮) 【スイレン科】

先日は寒耐性スイレンをアップしましたが
今回は温室の中で咲いている「熱帯スイレン」ですが、
花の色合いがトロピカルで凄く綺麗でした。
№1 
イメージ 1

№2 
イメージ 2

№3 
イメージ 3

№4 
イメージ 4

№5 
イメージ 5

№6 
イメージ 6

№7 
イメージ 7

№8 
イメージ 8

№9 
イメージ 9

№10
イメージ 10

№11
イメージ 11

いつも訪問有難うございます

このページのトップヘ